2016年2月23日火曜日

病気の9割は歩くだけで治る! 著者 長尾和宏 レビュー

関口です、

問があります。

Q1. チンパンジーが何パーセントでがんで亡くなると思いますか?

Q2. 人間は何パーセントでがんで亡くなると思いますか?

Q3. ペット犬は何パーセントでがんで亡くなると思いますか?

がんになる順番はどうなると思いますか?
答え合わせをしてください。

答えは後半に書いてあります。

最近歩くことが健康である
という話題があります。

以前のブログでX-Powerという健康法でも紹介しました。
歩くことで健康になれるということを書きました。


世界中の医学を統合した最新
健康プログラム【保証付き】

(今すぐアクセスして秘密ノートをゲットする)


100ーあなたのの年齢=あなたの歩く時間(分)

というのが歩く時間の目安でした。

それ以外は歩くことに対して特に気にする必要のない。

自由に歩けばいいよ。
という内容でした。

今回は健康分野で話題になっている。

『簡単、無料で医者いらず
病気の9割は歩くだけで治る!
歩行が人生を変える29の理由』

という本の感想を書きます。

歩くことがすっかり忘れられている時代だからこそ
「病気の9割は歩けば治る」という気持ちで読んでほしいという

ところからこの本は始まりました。

特に興味深かい部分は
『がんの最大の予防法はこんなにも単純だった』
というところです。

一言で言えば、
生活習慣病の予防がこそが、最大のがん予防である。

糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病は
歩けば歩くほど改善されていき、
現代病の大半は歩かないことが原因と言われています。

歩かない生活が生活習慣病ををつくりあげて、
がんも誘発していきます。

ここで、今回の始めに書いた質問の答え合わせをします。

人間というのは、もっともがんになりやすい動物です。
人間の場合はおよそ30パーセントの人ががんで亡くなります。

人間と99パーセントの遺伝子が共通しているといわれている
チンパンジーでも2パーセント以下ががんで亡くなります。

です。

さらに、犬や猫は1パーセント以下、

水中を自由に泳ぎ回っている魚はさらに
低くて1パーセント未満です。

でも、ペット犬の約30パーセントががんで亡くなっている

のです。

人間と一緒に暮らすというストレスが、
がんを増やしてしまっているのです。

ここから動かない動物ほど
がんになることははっきりしています。

そして、常に動き回っている野生の動物はほとんどが
がんになりません。

人間も同じでアフリカの未開の地に暮らす民族などは
日の出とともに起きて日が暮れると寝て、

車もないので移動手段は歩くだけです。

アフリカの民族はよく歩く生活をしている人たちなので、
がんという病気はありません。

がんという文明病とも言えます。

なぜ、がんができるのか?

直接的な原因は、遺伝子の傷です。
遺伝子の傷は、親から受け継いだ遺伝子によるものもあります。

でも、多くの傷の原因はタバコや紫外線、化学物質、ストレス、
バランスの悪い食事などの後天的な要因か

突然変異でついてしまいます。

通常は傷がついても毎回修復されます。
だからそれほど過剰に心配することはありません。

ときには細胞分裂のときに傷がついたまま
遺伝子がコピーされてしまうことがあります。
遺伝子のコピーミスは老化に伴って増えていきます。

なので、がんは老化現象でもあるとも言われています。

え?

老化=がん


ですか?

と思いますが

大丈夫です。

実は健康な人の体内でも、
毎日小さながん細胞は生まれています。

1日にだいたい5千個ほどでがんが生まれて消えている
という説もあります。

体内で生まれた小さながん細胞を見つけて退治してくれているのが、
あなたの体にも備わっている免疫システムです。

悪さをしそうなウイルスを自動的に見つけ出して駆除してくれる
システムです。

この免疫システムの力が低下してしまうと…

一部のがんを取り逃がしてしまいます。

それか、もとの遺伝子の傷にダメージをやすくなります。

そうなれば、遺伝子のコピーミスが重なってがん細胞が
生まれても駆除することができません。

このお話から免疫システムの働きを高めると
いうことが重要になってきます。

最近の研究では、
適度な運動を行っている人と運動不足の人と比べると…

免疫細胞のなかでもナチュラルキラー細胞の活性が
高まっていることが明らかになりました。

このナチュラルキラー細胞はがん細胞を駆除してくれる
体のなかの戦士です。

だから、『歩くこと』が適度な運動になり
免疫力も向上していきがんの予防にも繋がります。

まとめると、
がんを予防するために高額なサプリメントを飲んだり、
健康食品を取り寄せたりといろいろとお金をかけるよりは

実は、歩けば良い。

何よりも歩くことが大事という本でした。

確かに歩くことは大事であり
がん細胞を駆除するそのほかにも
メリットがたくさんあります。

例えば、

歩くことは頭のよくなる方法です。
神経間のネットワークを活性化させ神経細胞の数を増やします。

なぜなら手や足、目や耳といった体は、得た情報を脳に伝え、
脳の指令を受けて動きます。

だから、手や足を動かすことは脳を直接刺激していると
イコールになります。

そのほかにも

歩くことで血流がよくなり、脳に酸素を多く取り入れて
脳が衰えを緩やかにします。

また、歩くことで、幸せホルモンと言われている
セロトニンの分泌を増やし肌の血色もよくしたり、
若々しい雰囲気や満足している明るい表情になります。

まだありますが、書く内容が多くなってしまうので
ここでやめます。

歩くことはメリットだらけです。
そして現代では運動不足になりがち
だから必要な要素です。

ただ歩くだけでは限界もあります…

例えば、
私たち人間は食事をしないと生きていけません。
日々栄養分を摂取しています。

食事のクオリティーを上げたり
食べるものを選ぶのも重要になってきます。

毎日ポテトチップスを食べて、
いくら歩いて運動をしても悪い栄養素が良い栄養素に
変わることはありません。

悪いものが常に循環されてしまいます。

適度な運動は大事ですが、

選択肢を1つに絞り『歩く』のみだけにするのは
よくないと思います。

なぜなら、

健康には組み合わせが大事になってくるからです。

参考までに私のことを書きますが、
今は、ミネラルウォーターと温冷水シャワー、
DNAストレッチと食べ合わせを実践しています。

このように組み合わせていくだけ効果が
驚くほど上がります。

朝起きてミネラルウォーターを飲み、

10回のDNAストレッチという
背骨付近のストレッチを2分間

あとは温冷水シャワー15分間

同化テクニックという食べ合わせを
実践しています。

今はたったの4点だけです。

この『簡単、無料で医者いらず病気の9割は歩くだけで治る!
歩行が人生を変える29の理由』の本から

歩くこととそこに水をミネラルウォーターに切り替える
2点の組み合わせでもかなり期待できるのでは?

と思います。

さらに、
デトックスのアプローチや食事のテクニックを
無動トレーニング、DNAストレッチなど組み合わせて
いけば飛躍的に健康体に近づけると感じます。

難しいことは一切なしの簡単シンプルに60分の音声で教えてくれます。

ただ音声を聴いて組み合わせるだけで
自然に健康を構築できます。

もし、興味がありましたら参加してみてくださいね。

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

================================
スマホで音声を聴いてタダ組み合わせる
最新健康プログラム【保証付き】


(今すぐアクセスして秘密ノートをゲットする)
================================

ブログホームはこちら
https://x-power-seiya08.blogspot.jp/?m=0