2016年4月4日月曜日

最新の記憶力を向上する方法(知らないとあなたは損します)



こんにちは。
関口です。

今回話すテーマは記憶力を向上する方法について話したいと思います。

脳の健康についてです。

例えば、
記憶力だったり、暗記と聴いてどういったイメージがありますか?

僕の場合は学校のテストでの暗記をしたりテストに
まつわることが頭に思い浮かんできます。

特に苦手な教科とか暗記とかがすごく嫌いでした。

最近、たまに漢字がド忘れしたりしてショックなことがありました。

大事なことに対して記憶するのになかなか覚えられなかったり、
覚えられなかった自分に対してがっかりしたりとか、周りと比べて
劣等感を感じたり、自分は頭が良くない方だと不安に思ったりとか
もしかすると一度は思ったことがあるかと思います。


今回この話で簡単に記憶力が向上する方法と同時に
さらに、集中力が上がる方法を紹介します。

この方法を使えば、自分が重要だと思ったことをピンポイントでコ
ントルールして覚えることができて、さらに人生を良くきっかけに
なったりします。

逆に、この方法を使わなければ記憶力が低いと人だなと思われて変
に悪く扱われてしまって、さらに人生が悪い方向に向かってしまう
きっかけになるかもしれません。

記憶力が向上していけば…


例えば、周りの人たち、自分の友人だったり親友、異性だったり、親
御さん、子供に尊敬されたり、優秀だなっと思われたりとか結構あな
たの評価が上がったりするかもしれません。

逆にこの方法を使わなければ、知能が低い人だなと思われて見損なわ
れたりとか、どんどん周りの人がいなくなり最終的に独りなってしま
う可能性はあるかもしれません。

最新の記憶力向上する方法にアクセスする

(30日間無料トライアル付き)

今回は僕が学んでいるX-Power第9話の記憶力向上法ということを学
んだので紹介したいと思います。

ポイントは3つあります。

と、

テクニックを1つ紹介します。

こちらは後半に紹介します。

まず最初に脳がどうやって記憶するのか?というメカニズムから話して
いこうと思います。

学校の勉強とか暗記、受験勉強とか資格の勉強とかで頭に入ってこなか
ったそういった記憶力で悩んだことは1回はあると思います。


僕も、学校の教科で日本史、暗記とか、世界史とか英語の単語を覚える
とかこれらがとても苦手でなかなか覚えられませんでした。

特に学生時代の時です。

人はなぜ記憶するのか?
人はどういう風にして記憶するのか?
なぜ記憶しないのか?

記憶のメカニズムを簡単に説明していきます。

脳がどういう風に考えているのか?

というと

ここから重要になってきます。

まず必要じゃないものは脳は覚えない。
どうやってあがいて覚えないんです。

必要じゃないところを脳が認識した瞬間にもう覚えません。

その理由は人間の脳はすごく省エネで動いていて、何かを考えたり、記
憶をしたりすると、ものすごく脳の力を使います。

そして、脳の力を使うとものすごく体のカロリーを大きく消費します。

だから、

頭を長時間ずーっと使い続けるとガリガリに痩せ細っていきます。

例えば、想像して欲しいのですが、

科学者をイメージして下さい。
科学者と聞いてどういうどういうイメージがありますか?

すごく太った科学者というのは想像しにくいと思います。

中には現実にいると思いますが、毎日マクドナルドのハンバーガー
お腹いっぱい食べていたら別ですが。

やっぱり頭を使っている人は体のカロリーを大きく消費してガリガリの細
身の人が多いです。

人間はできるだけ無駄なエネルギーを消費したくない。常に省エネモード
になっています。それは体が餓死をしたくないっという本能があります。

なので脳を休もうとします。

だから、脳は省エネモードに常になり、必要じゃないものは覚えないの
です。

逆に、生きるために、サバイバルとか、生存、そういった生き残るために
必要だと思った時にパッと脳の力を使ってそれを覚えようとします。

それで実際に覚えていくメカニズムになっています。

ここまでの話しをまとめます。

そして、とても重要になります。

=====================================

まずは脳というのは必要か、必要じゃないか?ってところで判断して覚え
たり記憶をしたり、これは記憶をしないっと振り分けます。

どうすればいいのかと言いますと、

意識的に重要だと認識して記憶をすれば
記憶力が向上して記憶します。

大事なことは必要だと認識をすることが鍵となります。

まずは1つ目、必要だと認識して記憶をすること。

知能指数を上げる秘匿性の高い最新情報にアクセスする:

=====================================

次に大事なことは、

無駄な記憶を忘れていくこと。

です。

僕たちの脳は本当に省エネで先ほど紹介しました。

もし、無駄なエネルギーを使うことが多かったりしたら、今度は大事なと
ころで脳の力を使えなくなってしまいます。

寝不足だったり、忙しすぎて記憶したいことがなかなか頭に入ってこない。

そういったことが、一度はあると思います。

僕も最近は寝不足だったり、忙しすぎて全然頭に入ってこなかったことがあ
りました。

なので、脳のエネルギーを大事なところで使えなかったりするので、

大事なところと、無駄なところを意識する必要があります。

どういう風に具体的に行動をすればいいのかと言いますと、

=====================================

『自分の人生の中で無駄なエネルギー吸い取られていたりとか、浪費になって
いるものは何か?』

というのを書き出していくエクササイズが大事になってきます。

これもカテゴリー別にして、肉体面、人間関係面、精神面、仕事面を
3、4つに分けて書き出していきます。

これ行うと無駄な労力とか脳の力の浪費をカットしていくことができます。

まずは、

① 無駄なことに力を使っていることを書き出す。
② 書き出したものを認識する。
③ 書き出したものをカットしていく。

カットしていけば脳の力のエネルギーを温存することができたりとか、必要な
ところで使えます。

さらに、無駄な労力、時間、考え、人間関係をカットしていくことで集中力も
グンと上がっていきます。

それの理由は、無駄なことをカットしたから大事なことだけになり集中できる
からです。

このエクササイズは行うことが必要になります。

=====================================

最後に、僕たちは日々周りからのストレスがかかっています。

例えば、嫌な気持ちになるようなニュースとか外に出たら車のクラクションの音
だったり外的ストレスがかかります。

その影響で実は脳のエネルギーの力も減っていきます。
脳のエネルギーが下がってきます。

何かを記憶する脳の力の余裕さえもなくなってきます。

だから、脳の力を充電するために短時間に休憩とか休養とかを取る必要があります。

一番良い方法があります。
それはここ重要なんですが…

それは『瞑想』です。

瞑想が大事になってきます。

睡眠のほうが回復するし大事なのでは?と思うかと思いますが、睡眠より休養が取
れます。

ある科学者が実験でわかったことがあります。

人間にはα波という脳波があります。
熟睡した時のα波の脳波と瞑想している時のα波の脳波を比べました。
その結果、瞑想している人のほうが多くα波が出たという結果がありました。

ここからわかったことは、瞑想している状態のほうが人は熟睡している状態より
1番リラックスをしていることがわかりました。

瞑想と聞いて難しいと感じると思いますが、簡単にできます。

それはただ呼吸をすればいいのです。

正しい呼吸をすれば大丈夫です。

具体的に今すぐできる方法としては、

1分間吐いて、1分間吸う
1分間吐いて、1分間吸う

この4分間行います。

僕もこの呼吸をしたのですが、かなりリラックス効果があったりとか脳疲労と
かで頭がぼーっとしていたのですが回復することができました。

やってみて1分間の呼吸は結構難しいです。
だからまず最初だから30秒間吸って吐いたりとかでした。

それでも効果がありましたので、試してみてください。

強靭な肉体と記憶力の高い脳を両方とも手に入れる:

=====================================

最後に記憶力の向上するテクニックを1つだけ紹介します。

簡単に今すぐできるテクニックを1つ上げるのならば、

『意識的に認識して記憶する』ことです。

最初の話しの内容と似ていると思いますが、なぜ意識的に記憶することが必要な
のかその理由はあります。

僕たちは日頃に無意識ので記憶しています。
だから、意識的に記憶することが大事になってきます。

そして、意識的に記憶することで記憶力もどんどん向上することができます。

意識的に認識をして覚える方法をとってみてください。

今回は重要なポイントを3つありました。

① 認識をする

② 無駄な記憶を消していく

③ 瞑想を取り入れる

この3つです。

それとテクニックが1つ

『意識的に認識をして記憶をする』
ことです。

テクニックも含めてこの4点を今回は話しました。

=====================================

さらに記憶力を上げる方法はあるのですが、それには肉体の健康というの
が鍵になります。

今回紹介した方法は肉体の健康の積み重ねでというのが特に大事になって
きます。

その理由は、肉体と脳みそは強くリンクしているためです。
この点は無視できないことだと思います。

なので、僕が今までブログで紹介している肉体の健康になる方法を見て参
考にしてアクションしてみてください。

さらに健康面が上がり知能や記憶力も向上していきます。

僕も、ミネラルウォーター、レモンリンゴ酢ジュース、温冷水シャワー、
で最後に瞑想を行っています。

今は無動トレーニングをサボりっぱなしで行っていません。

こういった習慣の積み重ねでどんどん頭も良くなっていくことができます。

もし、興味がありましたら僕が参加しているX-Powerに参加してみて下さい。
30日間無料トライアルという安心できるシステムが付いています。
そして、全4話分の音声が毎週あなたのものに届きます。
それを聴いてみて継続するかどうか判断することもできます。

参考までに僕の話をしますが、体の調子も良くなりましたし、
今回の瞑想が特に効果が大きかったです。

瞑想を取り入れる前の状態を振り返れば脳が酸欠状態だったのかな?
と感じました。

今回は記憶力向上法 X-Power第9話で学んだことを紹介しました。

ここまで読んでいただいている人はかなり健康に熱心な方だと思います。

だから僕と一緒に健康になっていったり、記憶力をガンガン上げていっ
たり、人生を向上して一生に頑張っていきましょう。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

30日間無料トライアル付きの肉体・脳の最新健康プログラムに