2016年6月25日土曜日

マインドセット無視 20代青年の末路 "教育費の罠" 公開

関口です、
 
お金のマインドセットについてたくさん公開
しています。
 
その中で今回は重大な考え方をビデオでシェア
しています。
 
特に5分19秒から重要なマインドセットが
公開されています。
 
このマインドセットを無視してしまって20代
の青年が不幸が訪れました。
 
それがビデオの9分19秒から悲しいエピソード
が語られています。
 

 
見てくれましたか?
 
若い20代の青年の最後が衝撃的だったと
思います。
 
その他にも数々のマインドセットが公開されて
います。
 
・小さなあるものを確認する事を把握する
 (ヒント:カタカナ3文字)
 
・幼少期にあるものに向き合う秘密の教育法
  
 
・子供に決して見せてはいけない禁止ルール
 (ヒント:紙)
 
などが公開されていました。
 
知っていれば青年のような失敗をせずに
逆にお金の守りながら増やす人生がシフ
トしていきます。
 
さらにこの音声の続きに”教育費の罠”に
ついて話していました。
 
もし、社会に流れている常識的な考えで判断
したら見えない罠に引っかかる可能性があり
ます。
 
そして、多額の大金を失ってしまうのです。
 
もちろん、教育というのは大切ですし、
 
どの年齢でも”教育費”というものはついて来ます。
 
例えば、何かジムに通ったり、習い事を始めるの
も同じです。
 
子供の未来にも影響があります。
 
そして、今も教育費は社会的な問題に発展し
続けています。
 
興味がある人は参加してみてください。
 
本質的な価値を見極めて教育費を払う方法
今すぐ以下をクリック
 
以下は音声の書き起こしです。
※文章は修正済み
 
===========================
 
リーダー:

Xファミリーオフィス第10話を開始します。
 
今日のテーマは『教育費の罠』
 
教育費の罠について話していきます。
 
今までの段階で第1ステージ第2ステージと
子供の頃からのマインドセットをお金に対し
ての向き合い方。
 
どういう風にして貯金とか借金とかのコアな
部分をフォーカスして脊髄に染み込んでもら
うのか?
 
という話をずーっと特化してきたんですけれ
ども…
 
今回はついに”教育費”という現実的な問題。
 
今聴いている人がお子さんがちょうど大学
に行く年齢の人もいれば。
 
今自分が学校に行っているという人もいる
かもしれませんよね。
 
まだお子さんが小さくて。
 
例えば神崎さんのように来年から子供が生
まれる事なんで。
 
20年ぐらい後にすごいそういう事がリア
ルに感じてくると思んですよね。
 
やっぱりそういうのはここで勉強してても
らって。
 
”教育費”って事どういう風な罠が待っている
のか?
 
話していきたいと思います。
 
これ本当にもう気がついて欲しいですけれども。
 
この”教育費”は大きな問題なんですよ。
 
大きな問題であって。
 
これ日本ではどうなのかちょっと分からな
いんですが…
 
平さんどうですかね?
 
日本で言う大学とか大学院の教育費の事なんです
けれども。
 
平さん:
 
教育費は日本ではお金を借りていく人が
ほとんどなので。
 
それで就職してからそれをカードローンで払ってる
という人が結構人がいるんですよ。
 
リーダー:
 
結構社会的な問題になっています?
 
平さん:
 
そうです。
 
あと、お父さん、お母さんが借りる場合があるんですが、
そうするとまた卒業してから返さないといけない。
 
お父さんはお小遣いがない。
 
お母さんはパートが水商売。
 
そういうのは表に出てこないし。
 
リーダー:
 
水商売というのはどういう事です?
 
平さん:
 
熟女風俗みたいなやつで。
 
結構お母さん達は喜んでいるという人も
いるみたいですけど。
 
リーダー:
 
そういう風に苦労しちゃうんですね。
 
”教育費”で両親が苦労しちゃったり。
 
平さん:
 
そうですね。
それでギスギスしていきますよね。
 
リーダー:
 
平さんとかは娘さんが2人とも海外留学だと
思うんですけれども。
 
かなりお金を使ってどういう風に対処しました?
 
平さん:
 
僕はお金があったので全く余裕をこいていました
けど。
 
リーダー:
 
1000万円以上かかりました?
 
平さん:
 
もちろんかかります。
 
リーダー:
 
何歳ぐらいから娘さん行きました?
 
平さん:
 
1人は高校2年で。
 
もう1人は中学時代からアイルランドとか
ずっと休みの度に行っていました。
 
リーダー:
 
多分両方で計算したら3000万円ぐらい
かかっていますかね?
 
平さん:
 
多分かかっていますね。
 
上のお姉ちゃんの方が1回就職してから
また大学へ入り直しましたから。
 
リーダー:
 
海外です?
 
平さん:
 
日本で。
 
リーダー:
 
数千万かかったって事ですよね?
 
平さん:
 
そうですね。
 
リーダー:
 
でも、それは貯金で対処したので影響なかった
って事ですよね?
 
平さん:
 
そうです。
 
リーダー:
 
神崎さんの場合はまだお子さんがあれなんです
けれど、ご自身はどうでした?
 
両親が苦労したとか?
 
そういうケースは?
 
神崎さん:
 
うちは3人兄弟だったので。
 
多分、日本もアメリカと一緒かもしれないですけ
れでも。
 
公立と私立で大分”教育費”というか学費に差があ
るので…
 
基本的には高校に行って国立大学に行くように
ってのは言われました。
 
それでも親が出していただいたのですけれども。
 
それでも1人1000万円ずつかかってると思い
ますね。
 
平さん:
 
神崎さん国立なの?
 
神崎さん:
 
一応そうですね。
 
途中でやめたので申し訳ないですけど。
 
リーダー:
 
国立って高い方なんです?
 
平さん:
いや、ほとんどただです。
 
ロスに行ったY氏も国立なんで全部ただでした。
 
神崎さん:
 
ただではないですが。
 
リーダー:
 
国が負担してくれるんですかね?
 
平さん:
 
そうです。
 
ただ、家賃とかそういうのはかかって来るので。
 
リーダー:
 
学費そのものって事ですよね?
 
平さん:
 
そうです。
 
リーダー:
 
これ聴いている方も色んなステージの人がいる
と思って、今自分自身が学生ってのもいれば。
 
これから子供ができるっていう人もいれば。
 
すでに子供が学校に行っている。
 
それとも平さんのように既に子供を行かして
終わっている。
 
という人もいると思うんですよね。
 
色々いると思んですけれども。
 
本当にどういうステージであれ”教育費”ってのを
分かって欲しいと思うんですけれども。
 
今回ちょっとその前に9話までのマインドセット
で重要な所があって。
 
質問とか読んでいてここちょっとマインドセット
を復習しておかなければいけないのがあるので。
 
少し時間を使って話すんですけれども。
 
マインドセット復習
 
っと書いて下さい。
 
1つ目のマインドセットの復習で
 
『最悪のシナリオを予想する』
 
っと書いて下さい。
 
これかなり重要で質問とかを読んでいて思ったん
ですけど。
 
色んなそのクレジットカードのローンとか
色んな借金とか色んな経済的なお金の面で
問題が起こる根源、原因というのが
 
結構楽観的にみんな計画している。
 
感じがするんですよね。
 
なんとかなるだろうって。
 
多分、来年給料が2倍になるかな?
 
とか
 
例えば、
 
成功哲学の本とかで収入を3倍にできるとか。
 
10倍にできるっとかあるじゃないですか?
 
モチベーションセミナーで。
 
ああいうのに参加して、「よし俺は来年収入が10倍
になるからこれを買ってしまえ!」とか。
 
結構そういう人がいるみたいなんですよ。
 
これ神崎さんどうでした?
 
神崎さん:
 
そういう心境ですよね。
 
楽観視点というか。
 
自分は特に若かったんでもう若いんだから
なんでも大丈夫だし。
 
将来はバラ色だっていう妄想抱いていました。
 
リーダー:
 
結構ポジティブ思考でプラス思考に考えて
この収入が上がる。
 
全てよくなるって考えて計画して今のその
お金を借りるとか何かを買うケースが結構
多いんですよね。
 
このモチベーションのこの風潮を壊すのは
あれなんですけれども。
 
今回のXファミリーオフィスではマインド
セットとして持って欲しいのが、
 
最悪のシナリオを計画して欲しいんですよ。
 
最悪のシナリオを計画した上で最高の結果を
求めるというそういう感じで考えて欲しいん
ですよ。
 
だから、例えば…
 
飛行機とかパイロットとかそういう人が
なんとかなるだろうっと思って飛行機を
出すと危ないですよね?
 
ガゾリンがこういう所が故障しているん
じゃないかな?
 
とか
 
嵐が来るんじゃないかな?
 
とか
 
色んなことがを予想してやっぱりシナリオ
を考えて空路とか考えて色んな事があると
思うんですよ。
 
ちょっとパイロットついて分からないです
けれども。
 
やっぱりヒマラヤとかに登山する人とかも
なんとかなるだろうって言って普通に行っ
たら死んでしまいますよね?
 
そういう所って。
 
最低最悪のシナリオを考えて食料とかを持
ったり。
 
服装とかを考えたり、
 
トレーニングをしたり、
 
その緊急の事態はこのボタンを押すとか。
 
色んな事を考えていくと思うんですよ。
 
そういう人って。
 
人生も同じような感じで。
 
やっぱりその「なんとかなるだろう」って
考えるんじゃなくて。
 
最低の事が起こるだろうってシナリオを考えた
上で計画して。
 
その上でプラスに考えるのがあって。
 
どういう事がって言うと。
 
具体的には分割払いとかクレジットカードとか
支払いプランをとにかく持たないで欲しいんで
すよね。
 
これ結構支払いオプションを持つ人ってのは
「なんとかなるだろう」って思ってやってい
るんですよ。
 
分割払いで100万円の車車があって、
 
例えば毎月3万円の支払いだから…
 
今給料がこれくらいだから多分やって
いけるだろうっとそれを買うわけです
よね。
 
でも、その2ヶ月後に会社が倒産して
しまったり。
 
何か家族がすごい病気になってしまったり。
 
医療費がすごいかかってしまったりと
 
色々あるわけですよ。
 
それで結局払えなくなってという人がいて。
 
つい最近もそういう友人とか知り合で
そういう人がいて。
 
なんか良い所に就職をしたんですよ。
若い子で20代の。
 
就職してなんか給料がこれくらいあったから
って言って、何か”凄い高級車”を買ったんですよ。
 
分割払いで。
 
「でも俺の給料がこれくらいだから、例えば20
万円だから10万円ぐらい大した事ではねーぜ。」
 
て言って”凄い高級車”を買ったんですよね。
  
で、その3ヶ月後に首になったんですよ。
 
その車の支払いができなくなって最終的にお母さん
にお金を借りてとかなんとかやって複雑な感じにな
ったんですけれども…

===========================
 
音声の続きはこちらをクリック